電話占い初心者

電話占いの料金を払わないとどうなる?裁判になることも!

投稿日:

電話占いを利用したけどイマイチ満足できなかったから料金を払いたくない…

使ったことを忘れていて、料金が未払いになっていた…

電話占いの料金を払わないと最悪裁判沙汰になる危険性もあります。

督促のメール、そして電話がくる…

電話鑑定を利用すれば当然、鑑定した分の料金が請求されます。

いざ鑑定が終わってみて請求書が手元に届くと、自分が思っていたよりも多く請求されていて給料日が来るのを待っていたり、つい支払いを忘れてしまうこともあります。そのまま未納の状態が続き、請求を滞納してしまうというケースが多く見られます。

料金の請求から3日~10日前後の支払期限を設けているサイトが多いです。おおよそ鑑定日から20日以内といったところです。

その期間内の支払い、または「今すぐに料金が支払えないこと」の連絡をしない場合は「未払い」ということになります。まず、サイトに登録している場合はサイト内の個人ページにメールが届きます。

メールアドレスを登録している場合はメールにて再度確定した料金の請求書が届くことになります。この再請求、督促の期間は各々違いますが、大体支払い期日の1ヶ月以内。

その後、何回か督促が行われて、それでも料金が支払われないと直接電話で催促が行われます。

内容はメールとほぼ同じですが、実際に声で聞くと危機感が違いますね。

「このまま利用料金を支払わなければ、法的措置として違約金が発生します」
「延滞料金がどんどん発生していきます」

多くの電話占いの督促は専門の取り立て業者に委託されています。そのため、電話のオペレーターに「督促を待ってください」と言っても、支払えない金銭的理由を伝えても、何も聞いてもらえないことを理解しておきましょう。

稀にしっかりと料金を支払っているのにも関わらず、誤って督促の連絡がくることもあります。その際は料金を支払ったことをオペレーターにしっかりと伝えるようにしましょう。

現在は架空の請求をするような悪徳電話占いサイトはほぼありません。

多大な延滞料金が発生することも!ただし、救済措置も有り

未払いが続くと、多くの電話占いサイトでは、延滞金が発生します。

据え置きの期間はサイトによってさまざまです。延滞の料金に関しては年利14.6パーセントが加算されることが多いです。

請求金額が多ければ多いほど加算額も大きくなるので、延滞は絶対にしないのが前提です、鑑定料金の請求があることも、払わなければいけないこともわかっているけれど、期日までに払えそうにない、という場合があります。

そんな状況になったら、電話占いのセンターにまずは連絡を。まずは「今すぐに料金が支払えないこと」を連絡するのが最善です。

期日がいつまでなら支払いができるのか、オペレーターと相談することをおすすめします。

支払いが1年後以上になるなどの特別な事情がなければ、延滞金をすぐに請求されることはありません。何日後、または何ヶ月後に確実に支払うことができるのか、ということを相談し、自分に支払う意思があるということをはっきりと意思表示することが大切です。

サイトによっては延滞金は不要なので利用した分だけ支払えば、今後一切督促はしないという救済措置を受けることもあります。

無視をし続けると法的措置を受けることもあるので要注意!

何度督促のメールや電話をしても未払いのまま。延滞金はどんどん増えていく…。

そんな状態が続くと占いサイト側も法的な手段を取ることになります。電話占いの未払の場合、大体が数万円以下であるため少額訴訟となります。数万円のために訴訟を起こすのは現実的ではありませんが、絶対にないとは言い切れません。

特に電話占い会社の多くは顧問弁護士がいるので対応も早いです。

今までにも数千円、数万円のために少額訴訟を起こされたケースがあります、占いサイト側が裁判費用を被告側に請求することもできます。被告の方に支払い義務があると認められた場合、未払金の早急な支払いを命ぜられます。

放置しておくと給料や財産の差押えとなります。裁判所や弁護士からの督促は確実に応えるようにしましょう。未払金が数千円、数万円だからこのまま無視しても大丈夫…そんな軽い考えの方もいるようですが、裁判ともなると、家族や会社の同僚、上司などさまざまな人間関係のトラブルのもとにもなりかねません。

無用なトラブルを避けるためにも、電話占いを利用した時にかかった鑑定料金はきちんと支払うようにしましょう。

-電話占い初心者

Copyright© 当たる電話占いと巡り合うサイト、口コミ・評判も【テルハピ】 , 2019 All Rights Reserved.